彼女を驚かせた料理は◯◯が隠し味

彼女の言葉を聞いて何も驚かなかった。離婚が成立したと聞かされて、正直な安堵感が身体に広がった。一週間後に北海道の弁護士から除籍謄本が来た。戸籍を削除した証明!不思議なもので女性は離婚後6ヶ月が経過しないと再婚できない。前の旦那の子供がお腹にいるかもしれないからというのが理由らしいが、実にナンセンスだ。明治のコピー法律は未だに幅を利かせている。法務省は何をしているのかな?

彼女の過去が壮絶だった!

どんな告白なのだろうか。心臓はピークに達している。まさか、別れ話を始めることになるのでは無いだろうな。そう思ってドキドキしていた。美魔女は正座した私の前に座ったから、私も正座した。そして、頭を下げていた美魔女は髪の毛をかけあげて、咳払いを1回してから話し始めた。

美魔女の告白!

美魔女との関係は実に良好に継続している。美魔女がなにものなのかは気にならなくなって来た。そして、ある夜彼女の車で海にいった。夜の海は月に雲がかかると暗くなり、そして、雲が消えると明るくなる。防砂林を歩きながら彼女が話し出した。一緒に暮らそうかと

誘惑のヒップライン!

アルバイトの弁当詰には制服があった。ロッカールームで白の制服に着替えてから、帽子を被りエアーシャワーを浴びてから作業場に入っていた。だから、制服に帽子を被り黙々と弁当を詰める。この単純作業が続くから60分で嫌になったけど、1ヶ月続いたのは美魔女のお陰だった。