新聞社は練習で受験するだけでいい

彼女と話していら新聞社はあくまでも練習でいいと言い出した。自分が勤めている新聞販売店の事務をしていて新聞のメディアとしての寿命は終わりに向かっていると言っている。確かにそうかもしれない。

就活でエントリーする会社を選ぶのは1年前が妥当だ!

就職活動が本格化している。準備を始めたのは1年前だ。1年前に何が起きたのか?簡単だよ。就活に失敗した先輩たちと成功した先輩たちの比較をしていたのだ。失敗している先輩は確実に就活の開始が遅かった。今年が本番の私は準備期間があったから余裕でやってますけどね。

就活は絶好調かもしれない!

就活が本格的に動き出している。エントリーシートは100%通過している。マスコミの試験も始まって実はあと一つクリアするとテレビ局の内定がでる。早めに内定をもらって、大学時代に結婚しようかなと思い始めている俺は平和だ。