週末の幸せ生活 横浜中華街に出陣!

週末の土曜日に静かに寝ていたい私を起こすのは、可愛いガキではなくて姉さん女房です!

毎週水曜日と週末金曜日に帰る生活。これって、いいのか悪いのかというと、実にいいです。

築地のマンションは狭いですし、仕事でつかれて帰ってきて一人というのが、なんとなく寂しい。

それが普通なんでしょうけどね。

新入社員で既婚者は私だけでした。(多分)

春江の「おはよう」という優しい言葉で起きて、ランニングという生活から朝起きて、築地場外で朝ごはんを食べて会社に向かう生活も悪くありません。

築地場外の朝飯は高いです。

高いですよ。でも、食べたくなる。

きつねや、わかば、はお昼ご飯ですね。

朝は「米本珈琲」でモーニングを食べてから会社に向かいます。

同期も数名食べてますね。

「おはよう」と軽快に白ブチ眼鏡の親父さんに挨拶して珈琲がうまい。

で、茅ヶ崎に帰ると春江食堂の朝定がでてきます。

ごはん、味噌汁、ハムエッグ、キャベツ、やきのり、納豆です。

子供が生まれる前はもっとバリエーションがあったような気がします。

文句を言ったら、叩かれますから静かに食べてます。

でも、FカップからHカップに成長したおっぱいは、子供が元気に飲んでますね。

「母乳の出は絶好調で、哺乳瓶持っていかなくてもいい感じ」なんだそうです。

ちなみに、母乳をあげるエプロンがあって、それで隠してレストランで母乳飲ませてます。

すごいことだ。

さてと、春江さんのご希望でこれから中華街に行ってきます。

「予約はすんでいるから」と相変わらず手配は完璧。

電車で向かいます。
 横浜中華街のとっても安くて美味しいエビチリ

via PressSync