彼女の過去が壮絶だった!

どんな告白なのだろうか。心臓はピークに達している。まさか、別れ話を始めることになるのでは無いだろうな。そう思ってドキドキしていた。美魔女は正座した私の前に座ったから、私も正座した。そして、頭を下げていた美魔女は髪の毛をかけあげて、咳払いを1回してから話し始めた。

美魔女の告白!

美魔女との関係は実に良好に継続している。美魔女がなにものなのかは気にならなくなって来た。そして、ある夜彼女の車で海にいった。夜の海は月に雲がかかると暗くなり、そして、雲が消えると明るくなる。防砂林を歩きながら彼女が話し出した。一緒に暮らそうかと

誘惑のヒップライン!

アルバイトの弁当詰には制服があった。ロッカールームで白の制服に着替えてから、帽子を被りエアーシャワーを浴びてから作業場に入っていた。だから、制服に帽子を被り黙々と弁当を詰める。この単純作業が続くから60分で嫌になったけど、1ヶ月続いたのは美魔女のお陰だった。

美魔女に魅せられ10時間頑張ってみた

露天風呂に入っていたのはわずかに15分ぐらいだった。そして、多分美魔女は私の品定めをしたのだろうと思った。つまり、男と女は実物を確認しないとダメだということを教えてくれたのだ。美魔女は私の分身を評価して、私はお胸が偽物でないことを確認して、美魔女らしくVIOは綺麗に脱毛していることをこの目でみた。中学、高校、大学を彼女はいたけどここまでスタイルのいい人とは出会ったことがなかった。