エントリーシートのダメ出しが続く!

ついに始まった。就活最前線だね。気楽に頑張ろうか。そう思っていると毎日気合いを入れてくる彼女がいる。エントリーシートの書き方に関してはなんとプロ級だ。ダメ出しが何回も出て最後には彼女が直してくれる。これが原因で喧嘩になるのだ。

年上の女は突然モードが変わるのである。気がつけば、母親になり、姉になり、そして可愛い女に変身する。私にとっては飴と鞭が交互に入る感じだ。就活に関しては特に何も言わないのかと思ったら大間違いで、エントリーシートの修正をひたすら言ってくるのだ。

「あの、なんでこの文章がだめ?」
「アホか。好奇心旺盛と言う言葉は、どういう意味かわかるか?飽きっぽい性格ですと言ってるようなものだ」
「どう書けばいい」
「自分で考えなさい。広辞苑をひきなさい」

広辞苑を引く?あるけど確かに引いたことがない。
広辞苑で言葉の意味を改めて調べてみると面白い。

広辞苑は言葉の意味がどう変遷してきたかが書かれている。

例えば、可愛いの本来の意味は

「かわいそう」だ。

かわいそうな子=可愛い子

だったそうな。

時の流れで意味が変わる。

おもろい。

エントリーシートで落とされることはなかった。

というか、業界が変わればエントリーシートの書き方も変わるのだ。

就活に関して、よく知っていると思った。

「どうして、こんなにエントリーシートの書き方が詳しいの?」

「昔ね、人事部にいたことがあるの」

「どこの人事部?」

「内緒」

いつも肝心な質問は「内緒」と返事がくる。

そのたんびにムカつく。

だから、かならずこの「内緒」という言葉が出たら

お仕置きをすることにしている。

どんなお仕置き?

難しくないよ。

お昼寝中の彼女にいたずらするのだよ。

彼女のジーンズを脱がして、パンティー脱がして

ペペローション塗って、ワイヤレスのバイブを中に入れて

スイッチオン。

その間は押さえ込み。

かなり刺激的でいい感じ。

それからたっぷり2時間は思いっきりお互い楽しむけどね。

これがいいのかもしれない。

同棲生活が板についてきた感じなんだよね。

「ねえ、子供作ろうか」

「いつでもいいよ」

「ママになるのだよ」

「パパになるんだよ」

就活終わったら結婚したいな。

この女は誰にも渡さない。

ダメ出し出された分、中に出してやる。