春江のストレス解消!これは効果的でいいぞ!

via 少し離れている生活に春江がストレス?

週に3日間だけ家を開けてますけど!ブチ単身赴任なんです。

東京にマンション買う予定だったのですけど、購入直前に春江がやめーたと言い出して、築地に狭いマンション借りて単身赴任!

水曜日と週末に帰る生活!

春江はどうも茅ヶ崎がお気に入りで、離れたくないらしい。

海と暖かい人情あふれる人々に魅了されているみたい。

札幌生まれ札幌育ち!母子家庭!

学業優秀、容姿端麗の元銀行員にして、実業家!

なんで俺と結婚したのかは不明(笑)

春江のストレスはなんだろね。

母親が上の部屋だから、毎日母に子供預けてランニングして、Cafeで地元のおっさんたちと世間話をして帰ってくる。

子供は保育園には入れないと言っていた。自分が保育園で育ちいなや思い出しかないからという理由!

チビとは毎日海に行き、砂浜で遊ぶ。

帰りに八百屋さんにより、魚屋さんにより帰ってくる。

これが何より幸せなんだと。

東京はイマイチ好きになれないらしい。

帰れば、春江よりも子供が可愛く遊ぶ日々が続くと、春江はなんかやきもち焼いてるのかな?

ソファに座り子供と遊んでいると春江は割り込んでくる。そして、子供を取り上げる。

そんな週末だった。

そこで聞いてみた。

「ねえ、なんかあったの?」

「特にないけど!」

「なんか機嫌悪いよ」

「そう見える?」

冷静に考えて、毎日、茅ヶ崎から会社に行くのはきついな!どうするか?

春江と二人で買い物に行った。

「地域の人となんかあったの?」

「何もないわよ。私、人気者だもん」

俺もなんかちょいと不満なんだよね。だけど、理由が見つからない。

そう言えば、なんとなく思い当たる節があるな!

「思いっきりできないからだろ」
「なんかさ、子供に声聞かれると思うと集中できないんだよね」

これだ!

お互い好きな時に思いっきり楽しんでいたから、子供に気を使うようになりなんかストレスだったんだな。

そこて、子供を香織とばあちゃんにあずけて、二人で渋谷に行った。

円山町の美味しいランチを食べてから、懐かしのラブホに行ってみた。

「夫婦でラブホってありなんかな」

「声気にしなくていいよ」

春江の魅惑のジーンズを脱がしたら、大洪水だった。

結婚前の二人に戻り思いっきり楽しんで、ストレス発散!

「これいいね」

おい!復活か?

帰りの電車て、香織は輝きを取り戻した。

横浜駅で降りて崎陽軒の焼売を買い込んで帰宅!

チビは泣いていたらしいけどね。

ママの顔見たら飛びついていくのだよ!

春江の顔見て、香織はつぶやく!

「やっと姉さんらしくなった」

わかってるね!さすがです!

平和な家庭に新たな習慣が増えた!