年上の彼女がやっぱり好き!

年上の彼女がやっぱり好きなんだよね。同棲し始めて思ったことがある。なんと言っても楽だね。間違っていることはズバズバ指摘してくれる。落ち込んでいるとなぐさめてくれるしね。料理は美味い。お掃除洗濯も完璧で、スタイル抜群にして頭が切れる。なんで、こんなに優秀な人が弁当工場で働いていたのか?と思う。隠れるためなんだけどね。もう隠れる必要がない。来年の秋には結婚したいな。

21歳のガキと31歳のOLの関係は実に面白くなって来ている。就活を始めて思ったのだけど経験者は違うね。18歳で親の反対を押し切って、学生結婚して暴力から逃げるために逃走していた。不思議な人だ。親の反対を押し切って結婚したから実家には帰っていないらしい。

大学3年生で別居して友達の家に隠れていたらしい。そして、卒論を出して卒業したけど卒業証書をまだ受け取っていないのだと。受け取りに行けば良いのに。ということで、俺が受け取りに行くことにしたのだ。札幌まで飛行機に乗って委任状と印鑑証明を持って取りに行ってた。なんと、真面目に保管していてくれた。受け取りお土産を買って日帰りで帰って来た。

仕事から帰って来た彼女はそれをまじまじと見て泣き始めた。何かが狂った瞬間があった。でも、学業を放棄することはなかった。どんなに苦しい思いをしても10年別居する必要があった。そして、弁護士を使って離婚した。

この国から出るかな?そう思った。海外の企業に就職するのも一つの方法だと思ったけど、大学の学部レベルでは無理だろうな。まずは、働こうと思っていた。でも、最近は自宅でも稼ぐ努力はしているのだ。

もう3年間使っているMacBook Proは今でもバリバリに稼働してくれる。このパソコンで稼ぐことを考えている。俺はどんなことがあっても頑張る。そう決意して彼女と一緒に生活を始めた。彼女が俺を選んだ。そして、俺も彼女を選んだ。

長い道のりが始まった。就活も彼女のアドバスで面接の練習も行った。全て成功している。今日が会社訪問解禁だったけど、実質的には拘束された。第一希望の会社に拘束された。

これって、全てが終わった感じだね。あとは、内定式に出て卒論を書くのみだ。同棲生活から結婚生活に変わるのはいつだろうか。来年の秋には籍を入れよう。そう決めた。

母親に話したら、猛反対だったけどね。理由は「女は老けるから、若いのにしなさい」だと。母は10歳年上の親父と結婚した。「若い方が良いのではないか」と反論した。気楽に楽しむけどね。

さて、飯を食べに帰るかな。

今日は何だろう?

そう思っていたら、駅で彼女が待っていた。

嬉しい限りだよ。