春江に赤ちゃんができた!

事業計画はどうなったのだろうか?と考えていたけど、春江はある決断をした。韓国のメーカーにデザイン画を持っていき現地でサンプルを作る。そして、春江と香織が売れるかどうかと自分で身につけてみる。やっぱりしっくりこない。春江と香りは「やめた」と言い出した。理由はなんだろうね。

すげー時間を費やしていた事業計画はどうなるのだろうか?そう思っていた。だけど、春江は疑問に思っていた。これではだめだとね。生産した在庫の管理と販売をシステムチームなしでやるのは無謀だ。

そこで、二人は何十時間も話し合って「やめた」という結論になった。

この結論は実に歓迎だ。

そして、二人は解放された。ストレスからね。

「ストレス発散だ」ということで家族4人でハワイに行った。

ハワイの風は素晴らしくいろんなことを考えさせれた。

春江は相当神経を使ってきた。

ここ最近はベットに入ると5秒で眠りに入っていた。

無理もない。

何回も何回も経営収支を計算しては、できるかどうかのシュミレーションを香織と必死になってやっていた。

銀行にいた香織は堅実だった。

「お姉ちゃん、無理だよ」とね。

春江の決断は自分の稼いでいる金が少なくなってきて、かなりあせったのだ。

ハワイで海を眺めながら「次は何をやろうか」と春江が言えば

「やっぱり、Macで食べて行こうよ」と言い出す香織が現実的だったようだ。

「そうだね。在庫を持たないで売る商売がいいね」といい出したが

ハワイではMacBookProを開くことはなかった。

代わりに、おいらがひたすら更新してきたけどね。

なんとか稼げるようになってきた。

サイトを作って商売する方が楽だ。

しかも、二人ともProだし。

来年の引越しまでになんとかしないとね。

そんな時に春江が突飛もないことを言い出した。

「あのさ、東京に一軒家を買ってみんなで住もうよ」

どこに買うの?

と聞く前にすでに不動産屋さんに物件を探させている。

見つかったのは中古のボロボロの家だけど目黒だ。

どうするの?このぼろと思ったら、

解体して立て直すと言い出す春江は本気だ。

お任せします。

おいらはついていきます。

ハワイ最後の夜に春江がボソッと俺の耳元で呟いた。

「ねえ、ベビーができたみたい」

「え?ほんと?」

「どうする?来年は社会人1年生でパパだよ」とね。

チョーハッピー!

来年はパパか?

冷静に考えて俺って人生を駆け足で進んでいる。

そう思っていた。

確かに、春江の生理は遅れていたよね。

「ランニングを夏からやめていたのは妊娠したと思ったから」

と嬉しそうだ。

たしかに、お尻が大きくなってきた。

赤ちゃんできるとカラダがどんどん変化してくる。

不思議だ。

その夜は暑い夜だった。

 

赤ちゃんができた