香織の観察力に驚く!

香織は何と俺の同期と飲む約束だぅたらしい。ところが、仕事が終わらないとメールが来て待っているのも嫌だから「またね」と返信して俺に連絡してきた。

本当は新橋の鳥料理で有名な店に行く予定だった。

「キャンセルしておいて」とメールして俺に連絡してきたわけだ。

銀座に向かい歩き出した。

「何たべたい?」

「お鮨」

と言うから、行きつけの鮨屋に電話したら「ちょーど空いてるよ」と返事が来ていった。

銀座の鮨 わたなべ

この店は、知る人ぞ知る名店だ。

何と言ってもすべてお任せだ。

酒込みで一人15000円!

想定されたことだ。

あの机の汚さは、ダメだな。

そう思っていたところに、ビールが来た。
カウンターだけの小さな鮨屋。

香織は店のインテリアに魅了されていた。
出てきたツマミに感激していた。

コハダ!
これこそ技の差が出る魚はない。

香織はワサビを乗せて食べると、「美味しい」と笑顔になった。笑いが止まらないみたいだ。

「お兄さん、お鮨大好きなんです」

と言ってパクパク食べる。

日本酒も上品に飲み、気がつけば4合は超えていた。

姉妹そろって酒は強い。

水を飲み始めたのは、4合飲み干した後だった。

お腹いっぱいになり、おいらの部屋に帰ることになった。

「あのお鮨屋さん、また行きたい」と上機嫌である。

タクシーに乗り築地まで帰る。たったの4分の乗車でついた。

香織はマンションを見るなり「なばそうね」と言い出した?

「何がやばいの?」

「住人は銀座の女が多いかな?」

笑いながら部屋に行き窓を開けた。

ソファに座り足を投げ出す香織に、お茶を出したら「お酒飲みせん?」と言い出す。冷蔵庫にある日本酒を出した。

森泉

宮城県岩出山にある小さな酒蔵の酒だ。

「はじめてかも」

「そう言って飲み始めたら「美味しい」と騒ぎ出す。

ツマミは味噌大根である。

香織は俺のことを話し出した。

「お姉さんね、マサくんをバイトに来た時から狙っていたのよ。ラインで『イケてる男がいる』と大騒ぎしてたから、温泉に誘い出せばと言っておいたのよ」

「え?初耳」

「そんなに好きならお持ち帰りして」と言ったのだと!

やばくない。

「まあ、お姉さまの身体見たらフルボッキよねー」

「たしかに」

「で、同棲するときもちょー喜んでたし、結婚して子供ができたときもちょー喜んでた。普通にママになりたいとね」

「俺も早々とパパだけど」

「早い方が良くない?子供が社会人になっても若いでしょ。姉はその頃どーかしらね。でも、体型は維持するだろうな。ストイックに運動するからね」

香織は姉との過去のやりとりを教えてくれた。子供が産めないと思い込んでいたらしい。

「で、まーくんの同期だけど、アウトね」

「やっぱり」

「仕事できないね。それか訓練されてないかだな」

「俺はされたからな」

「お姉さまは鬼になってでも、高速ブラインドタッチを取得させると言ってた。やらされたでしょ!」

「毎日、1時間」

「ね!それと論理学習ったでしょ。あの人ね法学部的な発想がないのよ!数学なのよ!シャーロックホームズのシンパだから」

「確かに、推理は鋭い」

「で、まーくんは同期をどう思いますか?」

「今日もバタバタしていたよ。まだ新人だからじゃないの?」

「いや、無理だね。いくらやっても無理かも!頭が訓練されていない人は無理。何やらせても、遅い。早い人は何が違うか?簡単よ!何から始めて、どう整理して、とこからやり始めるのか考え、最初からゴールを見ている。彼は雑談でもゴールがなかった」

ゴールな!よく上に変更されるけどな!修正力も大事な!

「今頃泣きそうになってるわよ。そして、明日の朝は、雷が落ちるのよ」

なるほど!そうだろうな。

「あの子ね。家の力でここまできたでしょ。自分で勝ち取った経験がないのよ」

「トレーニングすれば?」

「疲れるやつ嫌い。私は癒しが欲しい」

そうだよね。

そのころ、自宅で仕事していたらしい。やばいかも!