え?香織が泊まりに来るの?

香織が東京に行く?デートですか!そして、初めての夜がやってきた!


春江からの連絡でお母さんが泊まりに来るという。上の階にいますしね。どーぞ!

「香織がデートで東京にお泊りなんだけど」

「え?俺の部屋に泊めるの?」

「布団あるでしょ」

「ありますけど」

「ダメよ。パンツ脱がしちゃ」

「そんなことしませんよ」

ということで、香織が泊りにくる。

きゃー!義妹が泊まりに来るの?早く帰らないとな!と思っていると香織からラインが来る。

「お兄様、本日はよろしくお願いします。布団よろしくです。ちなみに、お兄様のお家に行くのは、深夜になると思います」

深夜ね!

どこに行くのかな?

え!もしや!

おいらの同期かな?

そんなことより、先輩から頼まれた仕事片さなきゃ。

春江に鍛えられたタイピングは絶好調で、どんな資料もおいらが正確に作成してます。

寿司うちをどんなにやらされたことか!

できたよ!

メールを送りおしまい。

ちょいと抜け出して、奴のいるフロアに向かう。

すると、焦りながらパソコンに向かう同期がいる。

「おい、どーよ」

「あ、いまね。ちょいと忙しいからさ」

「じあ、またな」

それにしても、あいつあんなに何あたふたしてんだかな?

メールでもするか?

直球で投げるかな?

「今日も夜空いてる?」

とメールしても返事がない。

ほっておくか!

「おーい!将都!」と呼ばれ、また下請けがやってくる。

「この資料を整理して、企画書の下地を作れ」

「はい、すぐやります」

研修は受けたけどさ、企画書の下地はどーするのかな?まあ、スピードだな!

まずは書類の整理!

資料をカテゴリー別に分けて、先輩の過去の企画書読み込んで、ポイントを書き出して、見出しを作り資料を読み込む。

読み込んだ資料をもとに、企画書下地作りますよ。

完成!80分!

かかりすぎたな?

先輩に渡す。

「お!だいたいできてるやん」

「間違いがあればご指導ください。よろしくお願いします。」

「そうだな、資料のこれを足せばいいか?」

「はい」

すぐに修正して渡した。

次長に呼ばれた!

「おい、新人!」

「はい」

「今日付き合え」

「ありがとうございます」

長くなるのかな?くどいんだよね。酒が!

「1830に新橋の料亭だ」

「え?どこですか?」

連れていかれたのは、会社から徒歩5分の新橋駅ガード下!

そんなところに料亭があるのか?ないよね

あるのは居酒屋と焼きトン屋!

大きな居酒屋さんだ。

タバコの煙ボーボーだよ!

そして、ビールから始まりお魚を頼む。

シマアジ、鯛、鯨の刺身!

ツナサラダは大盛りだ。アスパラが二本だから、2人前なんだね。

「お疲れな!先輩にしごかれてるか?」

「はい、楽しくご指導いただいております」

「そーか!さっき書いていた企画の下書き。よくかけてたよ。新人にしては上出来だ。ところで、なんでこんなにタイピイング速いの?」

「教えてくれた人が寿司うち信者で、早く打てないと回転寿司の数減らされたので、必死にやりました」

「おもろいな!え?寿司うち間違えたら食べれないの?えーな!その考え方な!共感するわ」

うちの奥様、顔に似合わず性格はヤクザなんでとは言えず。

何気に盛り上がり二件目かと思いきや、「あ!俺なつきがあるからほな」と勘定払って出て行った。

ん?何この展開?

もしかして、俺は本命の前の時間つぷしか?

まあ、解放されたから帰るかな!

メール確認!何もないから帰ろうとした時に、同期からメール!

「頼むよ!助けてよ」

「いっぱい飲んだから帰る」

と冷たく帰ろうとした時に、間髪入れず香織からライン!

「お兄さん、ご飯食べよう」

「え?デートは?」

「遅れるみたいなんです」

これでわかったよ。

どこに行く?

「銀座がいい」

いいよ。

パラダイスダイナシティにご案内!

そこで、ビールを飲みながら香織の寸評が始まった。

鋭い指摘!さすが香織様

香織との二人きりの夜が始まった。