香織に一目惚れ?相手にされてないかもよ!

香織を見た同期早く連れ出したい気分だろう。実家にすぐにでも連れて行きたい衝動に駆られている。

「え!妹さんなの?奥様綺麗!会社で噂になってまして!新入社員で既婚者が来たと」

「へー!噂ね。いい噂かしら?」

と、春江は笑みを浮かべながら同期を見ている。

春江の頭はシャーロックホームズモードになっている。

来ている服はブルックスブラザーズのポロシャツにグルカショーツということは、慶應義塾大学ね!しかも、普通部からのボンね!茅ヶ崎のお家から辻堂までは車で送迎ね。

「会社で同期なんですか?」

「そうです。研修時代から仲が良くて、東京のマンションも月島なんで近いんですよ」

「築地に月島ね。もんじゃね」と春江が意味ありげな笑みを浮かべると母が、「もんじゃ食べたいわね」と言い出す。

「いつでもご案内しますよ。美味しいもんじゃとモツ煮込みがあります」

モツ煮込みは母の大好物だ。

香織は大胆にも同期の男に「ちょっと飲みに行かない」と誘い出す。

「ぐるぐるダイニングやってるわよ。入れるかしらね」と春江がけしかける。

ぐるぐるダイニングは、茅ヶ崎の鉄砲道にある洋食屋さんで料理の上手さは天才的だ。小笠原で民宿を経営していたが、やめて茅ヶ崎に引っ越してきた。

予約を取るのが大変な店である。
「ちょっと、電話して」と春江がけしかけるからで予約の電話をしたら「二人なら入れます」とのこと。

二人で仲良く店に向かった。

「なんかいい感じね」

「そうですか?」

「慶應義塾大学のプレイポーイという感じ」

「多分!」

「でも、香織の方が上手ね」

そうですよね。この姉妹に勝てる男はいませんよ。私を含めてね。

春江と私は自分たちの部屋に戻り母と夕食の支度をした。

「今日の料理は何を作るの?」

と俺に聞くのだ。

「えーと!ゴーヤチャンプルとじゃがバター塩辛そえ、豚肉と大根と玉子の煮込み、味噌汁でどーよ」

「夏らしいね。煮込みの時間あるの?」

「圧力鍋を使うよ」

料理はすぐにできた。

食べ始めてしばらくすると、子供が起きる。

オムツ変えてね。

搾乳して母乳を飲ませる。

すると香織からラインが来る。

「酔いつぶれてダウン!迎えに来て」

行ってみるとシェフも女将さんもお手上げみたいだ。

神奈中タクシー呼んでもらい、乗せたらタクシーの運転手はすぐにわかった!

「あ!ボンのうちね。すぐそだよ!」

着いたら、大使館ような家が目の前にある。

玄関が開いて家政婦さんが登場!

「部屋までは込みベットに寝かせる」

「すいませんでしたね」

挨拶してタクシーで帰るが、タクシー代は家政婦さんが渡したタクシー券で払われた。

家に帰り香織は姉に報告する。

「あの子ね!私のいうこと聞きそうよ」

「あら、いい子じゃないの!女はいるのかしら?」

「いるでしょうね。でも、顔はいいわね。可愛いね」

「いうこと聞くね!いいことだよ」

完璧に香織の話術にハマったな!

仕事に行ったらどーなることやら!

楽しみだよ!