美魔女に魅せられ10時間頑張ってみた

露天風呂に入っていたのはわずかに15分ぐらいだった。そして、多分美魔女は私の品定めをしたのだろうと思った。つまり、男と女は実物を確認しないとダメだということを教えてくれたのだ。美魔女は私の分身を評価して、私はお胸が偽物でないことを確認して、美魔女らしくVIOは綺麗に脱毛していることをこの目でみた。中学、高校、大学を彼女はいたけどここまでスタイルのいい人とは出会ったことがなかった。

美魔女の運転するプリウスはするりとホテルに入った。車を止めると部屋に入る方式だ。車止めの左右にドアがある。階段を登って部屋に入る。「ねえ、シャワールームにいく必要はないね」と言われる。ホテルに入って会話している暇はないなと思ったから、美魔女を抱きしめて上から順番に脱がしていった。

ジーンズを脱がせてから、ブラとパンティを脱がすのだ。俺は実に簡単に生まれたままの姿になりベットに入った。濃厚なキスだった。これまで経験したことのないキスに感激したのか分身は完璧にいきり立っている。その分身を美魔女は口で咥えるのだ。さすがた。実にうまい。美魔女の体を180度回転させて69になった。

VIOは綺麗に脱毛されている。バギナを舐めるのがこんなに楽しいものかと思った。もっとも敏感な突起物は大きくなっていた。それを舌先でゆっくり上下に舐め上げてから、口で軽く吸い付いていたら美魔女はたまらなくなったのか、私の分身を口から話した。しばらくは、綺麗なヒップラインの堪能しながら舐め続けた。生理前の彼女には生でグイグイと攻める。

狭く締まりがいい。

15歳年上の女性と関係を持ったことはなかったけど、なぜか真剣になっている自分がいた。多分、この女性以上のスタイルの人はいないだろう。

何と言っても、胸は大きくウエストはくびれている。ヒップは大きくもなく小さくもなく絶妙のサイズ。パンティを脱がしながら思った。綺麗な下着をつけている人は、100%エッチだ。

すぐに実はイキそうになったけど、大学のゼミのことを考えていたら不思議と長持ちした。
これが、自分にもわからないくらい効果的だった。
彼女は8回イッテしまった。

「今日は全部で50回イカせますよ」
「楽しみにしている」
そう言いながら、相当な頑張りだった。

それから、10時間休みなく男と女の営みが続いたのだ。

うつ伏せバックはこんなに気持ちいいのかな。
国宝級のヒップの弾力がたまらない。
俺の息子は確実にこの女が好きなんだよね。

多分、この女は手放してはいけない。

そう確信した男と女の夜だった。