TAG

魅惑のヒップライン

朝の日課はマッサージ

朝起きるのが嫌になる季節!ベットから出たくない。隣で寝ている彼女の顔を見ているだけで幸せ!まあ、この感覚はいつまで続くのかな?そんなことを考えていると目覚まし時計はけたたましく鳴り響く。目覚ましに気がつかないわけはないのだが、寝ている彼女を起こすことになる。起こし方はいつもの通りに、右手は彼女の敏感な部分を刺激する。すると目を覚ます。

誘惑のヒップライン!

アルバイトの弁当詰には制服があった。ロッカールームで白の制服に着替えてから、帽子を被りエアーシャワーを浴びてから作業場に入っていた。だから、制服に帽子を被り黙々と弁当を詰める。この単純作業が続くから60分で嫌になったけど、1ヶ月続いたのは美魔女のお陰だった。