TAG

告白

彼女の過去が壮絶だった!

どんな告白なのだろうか。心臓はピークに達している。まさか、別れ話を始めることになるのでは無いだろうな。そう思ってドキドキしていた。美魔女は正座した私の前に座ったから、私も正座した。そして、頭を下げていた美魔女は髪の毛をかけあげて、咳払いを1回してから話し始めた。

美魔女の告白!

美魔女との関係は実に良好に継続している。美魔女がなにものなのかは気にならなくなって来た。そして、ある夜彼女の車で海にいった。夜の海は月に雲がかかると暗くなり、そして、雲が消えると明るくなる。防砂林を歩きながら彼女が話し出した。一緒に暮らそうかと