TAG

ランニングとエッチ

朝から上機嫌な彼女とランニング

朝5時に起きた。彼女は俺にしがみついて寝ている。日が長くなったからカーテンの隙間から朝日が入るのも早くなった。ほどなくして、「わああああ」と声を出して起きる。朝はボーとしている彼女の寝起きは快調のようだ。「おはよう」というから朝のマッサージを始めようとしたら「ねえ、ランニング行こうよ」と言い出した。そこで、ランニングに付き合うことにした。コースは10キロだ。俺が先行して走る。彼女が追いかけてくる。